彫刻

Scroll

アンジェロ・マンジャロッティにとって、彫刻は長年取り組んできた表現形式であり、彼のデザイン、建築における総合的な探求の一部である。モニュメントとして広場や公共スペースに置かれた彼の彫刻の特徴は、エネルギーと物質と空間の力関係であり、内部と外部、

選択作品
2005
マナローラの石の彫刻:「5つの石柱がチンクエ・テッレで対話する」ja/ラ・スペツィア
2003
彫刻コンペ、大理石の彫刻:プレゼンツェ2ja//アンコーナ
1997
鉄の彫刻:「満」と「空」の連続
1987
円錐の大理石彫刻:天空の円錐

空虚と充填の二重性のダイナミックな相互関係の探求である。その関係は常に動き続け、私たちの西洋文明がもつ合理性は破棄せずとも、むしろほかの文明、とりわけ東洋世界への傾倒を示している。一品制作作品に見られる彫刻形状はその素材のもつ性質をベースにして形づくられる。(ルチアーノ・カラメル)